ブログ

アドセンス狩りは完全に防げない!AdSense Invalid Click Protectorの弱点。海外での対応は?

ブログアフィリエイトするなら登録しておきたいASP2選!

 

A8.net

もしもアフィリエイト

アフィリエイト初心者でも成果を出しやすいプログラムが豊富。

A8と”もしも”はほとんどのアフィリエイターが登録しているはず。

今のうちに無料登録しておきましょう!

A8.net無料会員募集!
【公式】もしもアフィリエイトの無料登録

 

最近Twitterを見ていると、

WordPressにAdsense Invalid Click Protectorのプラグインを入れてるのにアドセンス狩りに遭った・・・

という悲しい報告を見かけます。

 

ん?

 

と思って調べてみると、

アドセンス狩り防止で有名なWordPressプラグインであるAdsense Invalid Click Protectorにも弱点があることがわかりました。

 

その弱点とは、スマホやタブレット端末経由で行われるアドセンス狩りには未対応だということ。

 

つまり、functions.phpの設定をしてもアドセンス狩りは完全には防げないんです。

 

本記事では、以下のことをまとめました。

 

Adsense Invalid Click Protectorの弱点の詳細

海外のブロガーはアドセンス狩りにどう対応しているのか?

どうすればアドセンス狩りのリスクを最小限にできるか?

AdSense Invalid Click Protectorの弱点:スマホからのアドセンス狩りに対応できない

Adsense Invalid Click Protector(AICP)のプラグイン説明ページ(英語)を見ると、

開発者によるこんなコメントが結構目立つところに記されています。

 

Important Note About Touch Screen Support: This plugin doesn’t work on mobile devices such as smartphones and tablets, because this hardware uses a touchscreen instead of a mouse as click input. This design makes the boundary monitoring trick ineffective.

 

↓内容を簡単に訳してみました。(変だったらすみません)

このプラグインはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでは機能しません。これらのハードウェアはクリック動作にマウスの代わりにタッチスクリーンを使用しており、境界検出トリックが無効になってしまうからです。」

 

アドセンス狩りをする人は余程の暇人だと伺えますが・・・

気に入らない人のブログの広告をスマホやタブレットで何度も押しまくれば
アドセンス狩りができてしまうということになります。

 

じゃあAdsense Invalid Click Protectorのプラグインを入れても意味無いの?

という疑問も出てくると思いますが、そうではありません。

 

Adsense Invalid Click Protectorは、WordPressのfunctions.phpファイルまで正しく設定すればパソコンからのアドセンス狩りは防げるとされています。

 

また、パソコンでアドセンス狩りをする人に対して広告を非表示にしたり、
IPアドレスを記録したりすることができる点で意味はあると言えるでしょう。

海外ブロガーはアドセンス狩りにどう対応しているのか?

 

アドセンス狩りに遭わないための対策として、

日本のブログだと大抵「Adsense Invalid Click Protectorの設定を正しく済ませよう!」という説明くらいしか見つかりません。

 

ただ、PCからのアドセンス狩りは防げても、スマホやタブレットからのアドセンス狩りが防げないとなると少し心配ですよね。

 

そこで、海外のブロガーさん達の間ではアドセンス狩り(=Click Bombing/クリック攻撃)に対してどのような対策を行っているのか調べてみました。

 

結論から言うと・・・

非常に残念ですが、現状すべての端末からのアドセンス狩りを防ぐプラグインは開発されていないようです。

 

海外のアドセンス狩り対策についてはGoogleの言語設定も英語にセットし直したうえで3時間くらいネットで色々調べてみたのですが、、、

 

やはりAdnsense Invalid Click ProtectorでPCからのアドセンス狩りのみ防ぐ、というのがが一番主流のようです。

 

(他の対策プラグインは数年前で更新が止まっていたりと、安全性が確認できないのでここでの紹介は控えます。)

 

もしアドセンス狩りに遭ってしまったら、Google Adsenseのヘルプセンターに不正があった事実や、(わかれば)不正を行ったIPを報告するという対応がとられています。

 

また、Google AnalyticsとGoogle AdSenseはきちんと連携しておき、
不審なアクセスがないか頻繁にチェックするようにしようね、というアドバイスが多かったです。

 

結局スマホ等によるアドセンス狩りは未然に防ぐのではなく
事後対応しかないのかあ・・・と、少しがっかりです。

 

もちろん、Google AdSenseの広告配信が停止されてしまっているのであれば
アドセンス狩りではなく規約違反が原因である可能性も考えられます。

 

アドセンス狩りは完全には防げないとしても、
自分で間違えて広告をクリックしてしまうなど
ルール違反をしてしまわないよう日頃から気を付けることが大切ですね。

アドセンス狩りの被害を最小限にするために

では、極力アドセンス狩りに遭う可能性を極力減らすためにはどうしたら良いでしょう?

 

アドセンス狩りに遭ってしまうことを極力減らすために、

現状では下記の対策が考えられるでしょう。

 

AdSense Invalid Click Protectorを導入し、少なくともPC経由でのアドセンス狩りを防ぐ

自分で広告をクリックしないよう気を付ける

SNSにブログのURLを貼らない or SNSで収益報告をしない(※)

 

1つ目については、この記事を読んでいる人なら対応済みだと思いますが、

もしfunctions.phpファイルの設定まで終えていない場合にはきっちりやっておきましょう!

 

2つ目については当たり前ですね。

実は私、偶然間違えて自分で広告を1日に2回クリックしてしまったことがあります。

ただ、この時はクリック報酬が発生しなかっただけでペナルティは発生しませんでした。

 

どれだけの自己クリックでアドセンスの配信が停止になってしまうかは明らかにされていませんが、普通に注意している中で何度かたまたまクリックしてしまうくらいなら問題なさそうです。

 

※3つ目のSNSにブログのURLを貼らないという点については、私個人の推測も含まれます。

Twitterなどを見ていると、収益報告やアドセンスの合格報告などをされている方は特に、アドセンス狩りの被害に遭いやすいように思います。

(嫉妬されてしまったとか?)

 

SNSでの集客をメインで行っている人にはかなり厳しいはずですが・・・

アドセンス狩りに何度も遭ってしまう人や、

SNS集客はそこまで重視しない人は、SNSに自分のブログのリンクを載せないのも一つの対策と言えるんじゃないかなと思います。

 

以上、AdSense Invalid Click Protectorやアドセンス狩りについてでした。

本記事が少しでも、頑張っているブロガーさん達の参考になれば嬉しいです。

 

\Amazonや楽天市場のアフィリエイトリンクも作れる!/

【公式】もしもアフィリエイトの無料登録

ABOUT ME
ヒイラギ
アラサー在宅勤務6年目・2児の子育て主婦です。 【在宅ワーク・副業・フリーランス】×【Webデザイン学習】×【英会話】等を軸に書いてます。元銀行員で元英語講師。本業は宿泊施設の運営会社で予約管理やWebマーケティングなどの仕事をしています。
管理人おすすめの在宅ワークが見つかるサイト

【クラウドワークス】

登録者数は300万人以上と、日本最大級の在宅ワーク検索サイトです。

初心者・未経験者でも始めやすいライティング、メールサポート、タスク案件が多数!

私が在宅ワークを始めたきっかけとなったサイトです。登録は無料なので副業を始めてみたい人は是非会員になってみてください。