Webスキル

ZeroPlusのプログラミングスクールで本当にフリーランスになれる?稼ぐために大切なこと

ZeroPlus(ゼロプラス)のプログラミングスクールで本当にフリーランスになって稼げるの?

 

ZeroPlus(ゼロプラス)のプログラミングスクールの受講を検討していると、

 

プログラミング・webデザインスクールを受講しただけで、フリーランスのWebデザイナーになれるのかな?

 

卒業直後にクラウドソーシングサイト等でWebデザイン案件を受注できるの?

 

といった疑問が浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

 

ZeroPlus(ゼロプラス)への入会を考えている方は、企業に入らずフリーランスデビューしたい人も多いと思います。

 

そんな悩みを持つ人へ道筋を示せるようこの記事を書きました。

 

実際に私もwebデザインの素人状態からPhotoshop、Illustrator、HTML、CSS、WordPress等を学び、会社に入らず知人のサイト作成の案件を受けたことがあります。

 

ZeroPlusのWebデザインコースを通じてフリーランスのWebデザイナーを目指している人に役立つ内容になっているので、ぜひ最後まで読んでいってください!

 

この記事が役に立つ人

ZeroPlusのWebデザインコースを受講しようか迷っている人

難しいと言われがちな「いきなりのフリーランスデビュー」を実現するため、具体的な手段と手順を知りたい人

Webデザイナーになりたくても、会社に入るのは難しい人

 

\プログラミングスキルを身に付けてフリーランスに!/

ZeroPlusの無料相談・見学の申込可能日程を見てみる

※無料相談・体験だけならお金は一切かかりません
 
 

【デメリット有】ZeroPlus(ゼロプラス)プログラミングスクールの評判

ZeroPlus(ゼロプラス)のプログラミングスクール卒業直後にフリーランス案件が取れるとは限らない。ただし…

 

まず、未経験からフリーランスのWebデザイナーになりたい人に、大前提として知って欲しいことがあります。

 

それは、ZeroPlus(ゼロプラス)を卒業直後にクラウドソーシングサイトで高単価のwebデザイン案件を多数受注するのは難しい可能性があるという事実です。

 

クラウドソーシングサイトとはオンラインで仕事の発注・受注を行えるサービスです。有名どころではランサーズとクラウドワークスがあります。

 

具体的に何が問題なのかというと、以下の3つです。

 

Webデザインを学びたて人はうまくアピールしないと、多くの競争相手がいるクラウドソーシングサイトで仕事を受注できない可能性がある

ZeroPlusで学べるスキル以外のことが求められる可能性がある

 

でもちょっと待って!

 

フリーランスのWebデザイナーとして案件を獲得できる場所はクラウドソーシングサイトだけではないです。

 

しかも、ZeroPlusには案件サポートというものがあり、在学中にフリーランス案件を取るサポートをしてくれます。

 

人一倍の努力が必要になりますが、アプローチ方法を変えればZeroPlus卒業後にフリーランスのWebデザイナーとしてデビューすることも不可能ではありません。

 

具体的な手段や案件サポートについて下で紹介します。

 

\プログラミングを学んでフリーランスデビューを目指す!/

ZeroPlusの無料相談・見学の申込可能日程を見てみる

※無料相談や見学だけならお金は一切かかりません

【ZeroPlusからフリーランスへ】案件のハードルを下げれば絶対に無理とは言い切れない

 

上で述べた通り、ZeroPlusの卒業直後にクラウドソーシングサイトの案件をいきなり大量に受注できると思わない方が良いです。

 

それなら考え方を変えて、自分ができる範囲の仕事を前もって示した状態で、まずは割安の仕事をさせてもらえば良いのではないでしょうか?

 

初心者におすすめのwebデザインの仕事を探す場所は、下記の3つです。

 

ココナラ等のスキル出品サイト

Twitter

友人・知人経由

 

どういうことか、以下で詳細を説明します。

 

ポイント

1.依頼を受ける前に自分ができる範囲の仕事を明示し、相場より値下げする

2.リアルの友人・知人にwebデザインを学んだことをアピールしておく

 

依頼を受ける前に自分ができる範囲の仕事を明示し、相場よりも価格を下げる

 

ポイントの一つ目はまず、

 

自分ができる範囲の仕事を明示し、相場より価格を下げる

 

ということです。

 

仮に無理して難しい案件を受注して、クライアントが納得いく作品を納品できず低評価をされてしまったら元も子もありませんよね。

 

クラウドソーシングサイトでは、案件の依頼者(クライアント)に対して「自分はこんな仕事ができるよ」とアピールし、気に入ってもらえたら案件を受注していきます。

 

これだと依頼者側からすれば、すでに実績を積んでいる人に仕事を依頼したいと思うのが当然です。

 

そこで、ココナラなどの自分のスキルを販売するサイトを活用していくのです。

 

ココナラなら自分のページで上で

 

「ホームページ作成&webデザイン承ります!できる業務範囲は△△までとなるため、金額は〇円とお安くしております。ご希望の方はぜひご購入ください。」

 

という風に自由にスキル販売ができるので、

実績数やスキル面で敵わない競合には価格で勝負する戦略をとれます。

 

実績が少なくても、価格面とこちらのスキル面で依頼者が納得して依頼してくれるのであれば問題ないですよね。

 

実際に、ココナラでWebサイト制作の仕事を格安で受けている方もいらっしゃいました。↓

 

 

ココナラを利用するなら、必要であれば出品ページに注意書きとして、

・駆け出しWebデザイナーのため、格安価格としております。

・対応できない仕様もあります。

・対応可能なコーディングはHTML、CSSまでとなります。

等記載しておきましょう。

 

ココナラは少しカジュアルな雰囲気のサイトなので、できないことはあらかじめ明示し、きちんと真摯に・精一杯やりますという姿勢を見せれば依頼をしてくれる人もいます。

 

(検索するとわかりますが、初心者風の方で実際に案件を受注されている方もいらっしゃいました。)

 

自信がない・できないことがあれば最初から明示して仕事を受注すればトラブル防止にもなりますし、卒業後も自分で勉強を続けつつ、案件数をこなしていけば自分のスキルも徐々に上がっていくはずです。

 

なおココナラだとwebデザイン単体というよりは、サイト作成をまるごと受けるほうが受注がしやすい傾向にあります。

 

ZeroPlus(ゼロプラス)のWebデザインコースではHTMLやCSS、Phohtoshop、WordPress、Adobe XD、JavaScriptが学べるので、純粋なデザイン作業だけでなく構築部分からまとめてサイト作成スキルを身に付けられます。

 

ココナラのWebサイト制作依頼募集を見る

 

TwitterなどのSNSを利用して集客する場合も同様で、自分が対応可能な業務範囲を前もってはっきりさせておきましょう。

 

TwitterでもプログラミングやWebデザイン初学者の方がフォロワーさん向けに「安くホームページ作ります!」といった募集をかけているのを見かけます。

 

募集を人に見てもらうため、Twitterでフォロワーを増やす努力も必要となりますが、リアルの知人や友人経由で仕事を受けるのが難しい人は、こういった方法で仕事を取るのもアリでしょう。

ココナラと並行して募集すればより多くの人の目に留まるので、受注できる確率もアップするでしょう。

 

始めは10,000円程度~の料金設定をしている人が多いようです。

 

リアルの友人・知人にもアピールしておく

WebデザインをZeroPlus(ゼロプラス)で学んである程度自信がついたら、リアルの友人・知人にも「Zer で学んでWebサイトが作れるようになった!」とアピールしておくのも一つの手です。

 

サイト作成をしたい人が周りにいるとは限りませんが、

日頃から「この人Webデザインができる人だ」とイメージを持ってもらえば、タイミングが合えば仕事をもらえるかもしれませんよね。

 

私が初めてお金を頂きWebサイト作りをしたのも知人経由でした。

 

オンラインでも現実でも変わらないことですが、受け身の姿勢では顧客は来ません。

 

「ゼロプラスでWebデザインを学んだので、困った時は少しお安くサイト作りますよ!(^^)」

 

と、周りにアピールしておくこともWebデザイナーには大切な営業です。

 

\プログラミングスキルをつけてフリーランスに!/

ZeroPlusの無料相談・見学の予約可能日程を見てみる

※無料相談・見学だけならお金は一切かかりません

ZeroPlus(ゼロプラス)でプログラミング学習中に案件サポートを受けられる

 

また、ZeroPlus(ゼロプラス)では在学中に案件サポートというものが受けられる点は費用に大きなポイントとなります。

 

案件サポートに関するゼロプラスの説明

zeroplusの料金は高い?デジタルハリウッドと比較

 

フリーランス案件を取る方法は人によって異なりますが、ZeroPlusによるとやはりクラウドソーシングで受注する人が一番多いとのことです。

 

プログラミングスクールやWebデザインスクールを卒業した直後にいきなり放り出されてしまっては不安な人も多いと思うので、その点は非常に安心できるポイントですよね。

 

 

実際に案件を取るまでのアドバイスから、案件をこなしていく上でわからない部分の技術的なアドバイスまでさせていただいております。また、NDAを締結していないものであれば、講師が納品前にチェックを行うことも可能です。

 

ZeroPlus(ゼロプラス)では、案件を取るまでの具体的なアドバイスや、案件を受けた後の技術的なアドバイスもしてくれます。

(※NDAという秘密保持契約を結んでいない案件に限ります)

 

初心者のうちになんとか案件を取れたは良いものの、質の高い成果物をクライアントに提出できるかどうか不安ですよね。

 

そんな時も、プロにあらかじめ成果物をチェックしてもらえればクラウドソーシングサイトでの評価が傷つく心配もありませんし、かなり心強いですよね。

 

案件サポートについてもし詳しく知りたければ、実際にZeroPlus(ゼロプラス)の無料相談や見学を行ってみると良いでしょう。

 

無料相談はオンラインでも行っているので、忙しい人やコロナウイルスが心配だという人も安心して参加できますよ。

 

\プログラミングスキルをつけてフリーランスに!/

ZeroPlusの無料相談・見学の予約可能日程を見てみる

※無料相談・見学だけならお金は一切かかりません

ZeroPlusでプログラミング学習後、フリーランスとして実績を積んだら次に行うこと

 

さて、ZeroPlus(ゼロプラス)のWebデザインコース卒業生が、案件サポートやココナラやTwitter等で実績を積んだら次にやったほうがよいことは何でしょう?

 

知人経由等で案件を受けたら、依頼者がOKすれば自分の実績として作品をポートフォリオに追加させてもらいましょう。

 

ここで言うポートフォリオとは、作品群のことです。「こんなサイトを作ってきた/こんなwebデザインをしてきた実績があります!」と宣伝するために、将来的にはポートフォリオを作ることをおすすめします。クライアント(依頼者)はそのWebデザイナーに発注してどんなデザインをしてもらえるか確認できれば、安心して仕事を依頼してくれますよね。

 

ある程度実績を積んだ後は、ランサーズやクラウドワークスでの仕事受注にも挑戦してみましょう。

 

もちろんZeroPlus(ゼロプラス)卒業後すぐにチャレンジするのもアリです!

 

なおクラウドソーシングサイトでのwebデザイン案件の相場は、ページ数等にもよりますが1件20,000円~50,000円が相場です

ZeroPlus(ゼロプラス)ZeroPlus(ゼロプラス)のWebデザインコースの総支払価格は4週間プランなら140,800円(入会金込)なので、3~7案件受注すれば回収できます。

 

ポートフォリオがあれば、ランサーズ等クラウドソーシングでの実績がゼロでも「人からお金をもらってWebデザイナーとして仕事をした経験がある」とを伝えられますよね。

 

全く知らない人にデザイン・サイト作成案件を発注する際、客観的な指標となるのはその人の過去の作品・実績です。

 

自分より優秀なWebデザイナーは無数にいることを踏まえ、ZeroPlus(ゼロプラス)を卒業しても勉強は怠らないようにしましょう。

 

\プログラミングスキルをつけてフリーランスに!/

ZeroPlus(ゼロプラス)の無料相談・見学の予約可能日程を見てみる

※無料相談・見学だけならお金は一切かかりません

ZeroPlusでプログラミング学習直後フリーランスになるのは難しいが、不可能ではない

よくwebデザインスクールの受講からいきなりフリーランスでバンバン稼ぐのは難しい等言われますが、諦めるのは早すぎます。色々チャレンジしてから判断すべきです。

 

卒業後すぐに芽を出すのは難しいことに変わりませんが、工夫次第で仕事を受ける方法はあります。

 

プログラミングスクールやwebデザインスクール経由での就職の斡旋目的で「フリーランスは厳しい!」といった記事が書かれている可能性もあります。

無理という言葉を鵜呑みにせず、まずは挑戦、もしくは無料相談や見学で話を聞いてみてはどうでしょうか。

 

何事にも言えますが、初めての案件を受注するまではとても苦労するでしょう。

しかし最初の1件をきちんとこなして評価を得れば、2件目を受けるハードルはぐっと下がります。

 

ただしこの記事で説明したのは初心者のうちは料金で勝負する戦略なので、いきなり数十万も稼ぐことは期待しない方がよいでしょう。最初は副業レベルで良いと妥協できる人向けです。

 

なおクラウドソーシングサイトの代表格であるクラウドワークスでは以下の説明もあります。

 

XHTMLやCSS2.1だけでなく最新技術を学んでおく必要があります。そして、制作の正さに加えて品質チェックにも気を配らなければなりません。HTML・CSSコーディングを基本としながら、Webに関連する様々なプログラミング言語を習得しておく姿勢が重要になるでしょう。

引用元:クラウドワークス

 

つまり、HTMLやCSSに限らず色々なスキルをつけておいたほうが案件獲得という面では有利ということです。

 

Webデザインを行ううえで最低限必要なツールはHTMLとCSS、Photoshopあたりですが、ZeroPlus(ゼロプラス)ではこれに加えてJavaScriptやWordPress学べます。

 

最終目的がランサーズ等での案件受注なら、ZeroPlus(ゼロプラス)でこれらのスキルを一気に学んでおいて損はありません。

 

 

 

\最大5000円のAmazonギフト券もらえる/

ZeroPlusの無料相談・見学の予約可能日程を見てみる

※無料相談・見学だけならお金は一切かかりません

 

【デメリット有】ZeroPlus(ゼロプラス)プログラミングスクールの評判ZeroPlus(ゼロプラス)プログラミングスクールの評判・口コミは?【Webデザイン】 ここ最近じわじわとTwitterで話題になっ...

 

ABOUT ME
ヒイラギ
アラサー在宅勤務6年目・2児の子育て主婦です。 【在宅ワーク・副業・フリーランス】×【Webデザイン学習】×【英会話】等を軸に書いてます。元銀行員で元英語講師。本業は宿泊施設の運営会社で予約管理やWebマーケティングなどの仕事をしています。