未分類

【体験談】陣痛~出産までの流れって?痛みはどのくらい?

赤ちゃん

初めての出産を控えている方は、出産までの実際の流れってどうなんだろう?出産の痛みってどんな感じなんだろう?という疑問が湧いてくると思います。

私のはとにかく痛かったのですが、出産の流れや痛みの程度をネットで予習しておいたのでパニックにまではなりませんでした。

が、もし知識ゼロで出産に臨んでいたらどうなっていたことか・・・とちょっと恐ろしくなりました。やはりそれなりの心の準備をしておいたほうが良いと思います。

出産は本当に十人十色ですが、この記事では一般的な出産までの流れと私の体験談を紹介します!

陣痛から赤ちゃんが出てくるまでの流れ

初産婦さんでは、陣痛が始まってから赤ちゃんが出てくるまでに12時間~14時間程度かかるそうですね。全体の流れを大きく分けると、3つの段階があります。

 

1つめは、子宮口が全開になるまで陣痛に耐えること

2つめは、いきんで赤ちゃんを外に出すこと

3つめは、子宮の中に残った胎盤を外に出したり、会陰の傷を処置したりすること

 

です。

 

陣痛が来ると子宮口が徐々に開いていくのですが、数時間~数十時間かけて全開になるまでひたすら待ちます。通常、どこの病院でも陣痛が6分間隔になったら来るようにと言われているようですね。

そしてとにかくこれが長い!!長さでいえば、私の場合1つめがおよそ40時間、全体の98%位を占めていたと思います^^;(微弱陣痛だったため人より長かったようです。)

 

子宮口が全開になると、助産師さん達からいきんで良いと言われますので、分娩台に移動して陣痛が来ているタイミングでいきむことになります。いきむ=赤ちゃんを出すために自分で踏ん張ることです。タイミングは助産師さん達が「今!」と教えてくれますので安心して挑みましょう!

 

赤ちゃんが外に出たら、胎盤など子宮内に残った器官も外に出します。医師や助産師さんが手伝ってくれます!私の場合胎盤はするんと取れて全く痛くなかったです。

また会陰裂傷(お産で会陰が破れること)してしまっている時や、会陰裂傷を防ぐためあらかじめ会陰切開をしている時は、医師が縫合処置を行います。私は裂傷があったので何針か縫ってもらいました。麻酔はしてもらったものの、これがまた結構痛い^^;

ですが陣痛に比べれば全然(1000分の1くらい?)マシです。

どのくらい痛い?私の体験談

痛みは最大級の便秘を我慢するのに似ていた!

 

果たして陣痛はどれくらい痛いのか?という疑問についてですが、痛みについては人によって「あまり痛くなかった」「鼻からスイカを出すようだった」と表現が様々です。

出産前、知人の先輩ママに陣痛がどのくらい痛かったか聞いたところ「7000万円払ってくれたら代わってあげてもいいレベル」と言われましたが、終わってからその気持ちがわかるような気がしました(笑)

 

私的には、これもよく言われる例ですが「超最大級の便秘で今にも出そうなのに出しちゃいけない状況」に一票です。

 

文字にすると、果たしてそれは痛いの?(笑)という感じですが、すごくすごく痛かったです!

 

「今にも出そう」な時に、おなかにギューーーンと締まるような痛みと、下に下にと押し寄せる何か(赤ちゃん)が一緒に来ます。

出したい!いきみたい!と思っても、子宮口が全開になる前に無理やり踏ん張ってしまうと、子宮の入口などがひどく割けてしまったりするそうで、出さないように我慢しなければいけません。

出産は赤ちゃんが出てくる瞬間が一番痛いのかと思っていましたが、何より辛いのは何時間も続くこの状況に耐えることでした!

 

人生の中で一番痛くて、出産後は世の中のお母さんたちは皆これを経験してるのか・・・すごいなあ・・・と心から敬いました(T_T)

陣痛陣痛が一番強くなっていた時の筆者(笑)

 

こんなに痛いのに微弱陣痛だった

 

ちなみに、私は微弱陣痛と診断されました。赤ちゃんというのは陣痛に促されて体の外に出ていこうとするのですが、微弱陣痛の痛みだと赤ちゃんが降りてくるのには不十分なようです。微弱と言うとあまり痛くなさそうに聞こえますが、陣痛前半でも重めの生理痛より10倍は痛かったと思います・・・。

 

結局痛みで一睡もできず一日半ほど陣痛室で過ごしましたが、子宮口が開いたのはたった3センチ。これでは体力が持たないということで、陣痛をより強くするためにお医者さんに陣痛促進剤を使ってもらいました。

 

促進剤ですが、注射などで一気に入れるものではなく点滴で少しずつ入れていきます。量を増やしていくにつれて痛みも強くなっていくのですが、これがまた拷問されているような感じでした^^;

 

陣痛促進剤を使ってから約6時間で子宮口は3センチ→全開(10センチ)に。この間もずっと「出したい!」願望にジリジリ耐えていましたが、助産師さんの内診で子宮口がついに全開になったとわかると分娩室に歩いて移動させられました(笑)

陣痛の間隔はこの時2分いかないくらいだったと思うのですが、一応陣痛が来ていない間は痛くないので、その隙に急いで・・・という感じでした。

 

 

ついに子宮口全開!赤ちゃんが出てくるまで

 

クタクタになりながらも、やっとの思いで分娩台にたどり着くと、また次の陣痛が来ます。

子宮口は全開なので助産師さんの合図で「いきんで!」と言われました。

 

ここで少し驚いたのが、分娩台に上がってからは不思議と痛みをあまり感じなかったことです。

多分、もう生まれるぞ!とゴールが見えたのでアドレナリンが出ていたのかもしれません(笑)

 

幸い私は分娩台に上がってから10分くらいで出産しました。噂ですが、赤ちゃんの頭が挟まったまま抜けなくなってしまうのが結構辛いと聞いていたので、気持ち強めにいきんでました。

イメージですが、陣痛が来ている間に膣から押し出す力に加えて腹筋にも力を入れたところ、助産師さんから「初産婦さんとは思えないくらいいきみがうまいね!」と褒められました。自分でもびっくりです。

出産後産後30分くらい?達成感でいっぱいT_T

お産に向け、心の準備を!

お産には予期せぬハプニングがもつきものです。

私は特に持病などはありませんが微弱陣痛と診断されたので、いざお産となると誰にでもそうなる可能性があるんだなと実感しました。

 

私の個人的な体験も含みますので実際こんな風に進まない可能性もありますが、出産を控えている方に1つの例として頭の片隅に入れておいていただけると良いのかな、と思います!

この記事を読んだ方が、良いお産を迎えられますように・・・!

ABOUT ME
ヒイラギ
アラサー在宅勤務6年目・2児の子育て主婦です。 【在宅ワーク・副業】×【Webデザイン・プログラミング学習】×【英会話】等を軸に書いてます。元銀行員。 TOEICスコア910
管理人おすすめの在宅ワークが見つかるサイト

【クラウドワークス】

登録者数は300万人以上と、日本最大級の在宅ワーク検索サイトです。

初心者・未経験者でも始めやすいライティング、メールサポート、タスク案件が多数!

私が在宅ワークを始めたきっかけとなったサイトです。登録は無料なので副業を始めてみたい人は是非会員になってみてください。