未分類

【ソーシャルレンディング】maneo投資しばらくやめます。延滞発生から資金回収まで。

2018年頃から私は、ソーシャルレンディングサイトのmaneoで細々と投資をしていました。

ところが同年7月に投資した年利6%の不動産担保ローンファンドについて、しばらくしてmaneoから返済が滞っているとの連絡が・・・。

この案件は本来2019年の2月に返済されてお金も戻ってくるはずだったのですが、大幅に遅延。

そして2019年12月26日になり、元金と利子がやっと返ってきました。落ち着いたところなので、遅延中のmaneoの対応状況や思ったことを記事にしたいと思います。

 

本記事では私がmaneoで投資した個別の延滞案件の例を取り上げます。他の延滞案件で同様に進展するとは限りませんので、参考程度にご覧いただけたらと思います。

利率の良さにつられてmaneo投資を始めてみた。

ソーシャルレンディングがじわじわと人気を集めていた中、私も何気なく利用を始めた一人でした。

年利8%や、すごいものだと10%の投資案件もあったので、ものは試しと最低投資金額の3万円~5万円くらいをいくつかの案件に振り分けてい投資していました。

全部で6案件くらいチャレンジし、5つくらいは無事に元金も金利もきっちり戻り、お小遣い程度でしたが少し利益を得ることができていました。

 

maneoでの遅延発生から回収まで

ところがある日、投資した残りの1案件に返済遅延が発生しているとmaneoからメールで連絡がありました。確か返済期日を1週間ほど過ぎた頃で、投資額は5万円。

ソーシャルレンディングという性質上最悪貸し倒れもあるよなーとある程度割り切りましたが、もしお金が返ってこなかったらと思うと・・・やはり痛いです。

ここからmaneoからの連絡をとにかく待つ日々の始まりでした。

maneo延滞

※延滞の発生状況はmaneoサイトから誰でも閲覧可能です。

月に1回ほどメールで状況連絡が来る

それからだいたい月に1回程度、maneoから債権回収に関するお知らせメールが届くようになりました。(返済のために不動産の売却活動を行っている、裁判所からの競売決定も下りているetc.)

一応maneo担当者も投資家さん達にこまめに連絡しようとしてくれていたのだと思いますが、maneoでは基本的に借り手の事業者名は匿名のため、進捗説明を読んでも何だかイメージが沸かないというか、本当に進展してるのか?と少し疑いたくなってしまうこともありました・・・。

ただ、進捗メールに毎回「次回は〇月下旬頃にお知らせします」といった文が添えられていて、きちんとその頃に連絡が来るのは好印象でした。

 

一応maneoに問い合わせた

こういう状況だと個別に問い合わせても大した回答得られないんだろうなーと思いつつ・・・遅延発生から9か月後にだめもとで「投資金はどうなっているのか?元金だけでも戻りそうか?」とmaneoに問い合わせました。

やはり「メールで伝えている内容以上はお伝えすることができない」という回答でした。やっぱそうですよね。

もちろん案件ごとに返答内容も異なるでしょうが・・・

 

元本すべてと、遅延した分の利子

そしてついに2019年12月中旬頃、担保不動産の競売が完了したので回収金の分配を行うとmaneoから連絡が!

元本割れも覚悟してましたが、幸いにも競売では予想を上回る金額で不動産が売れたようです。

当初の予定では投資額5万円に対し1500円ほどが利益が出る予定でしたが、最終的には延滞利子が加わり6000円ほど利益になりました。延滞が発生した時点で元本割れも覚悟していたので、逆にプラスになったことに拍子抜けしました。

maneo投資はしばらくお休みしようと思います

今回は幸いにも、返済遅延があったものの無事元金は回収され延滞利子もしっかりついた、という結果に終わりました。

しかしこれを機にmaneoでの投資はしばらくお休みしようかなと思うようになりました。

理由①:借り手の情報開示が不十分だから

maneoでは借り手となる事業者の情報がほとんど開示されておらず、返済遅延や貸し倒れのリスク等の検証が難しいと思ったからです。

借り手事業者の名前や所在地だけでもわかれば投資前にネットで多少情報収集できそうですが、私が以前投資した時はmaneoでは投資家は借り手の名前はもちろん、財務状況も公開されていませんでした。

今日ざっとmaneoで投資金募集中の案件を見た限りでは、前よりも融資目的などを詳しく記載し、簡単な財務状況を示す表のようなものが添えられている案件が増えた印象でした。しかし案件ごとに情報開示量にかなりのムラがあり、そこも少し引っかかるところです。

理由②:期失案件が多い(※個人の感想です)

maneoの期失案件(返済が滞っている投資案件)が多いと感じるか少ないと感じるかは個人の感覚次第ですが、私個人の感想ではちょっと多いんじゃないかなと思います・・・。

ちなみに、期失案件については誰でもmaneoの公式サイトから確認することも可能です。

また期失案件に当たって何か月もモヤモヤするのは精神衛生上良くなさそうなのも、maneo投資はお休みしたいと思った理由です。

 

理由③:案件担当者のプロフィールがちょっとカジュアルだから

すみません。これも完全に個人的な感想なのですが、案件担当者のプロフィールアイコンにAme〇aピグみたいな画像を使っているのはどうなんだろう?と思いました。(全員ではないです。)

お堅い感じをやめて投資初心者に親しみを持ってもらうためなのかもしれませんが・・・

 

今後はしばらく個別株投資とインデックス投信を続けます

maneoで期失案件に当たってしまい思ったのは、

・やはり借り手の資金の回収見込み等をできるだけ細かくチェックしたうえで投資先を決めたい

・今後はしばらく個別株とインデックス投信を行って着実に利益を出していきたい

ということです。

 

今回、maneoの投資案件の概要を見て「〇〇区の不動産が担保で第1順位になっているから大丈夫かなー」という程度で投資先を決めてしまっていたのは、投機に近いものがあったなと反省しています。

投資は極力安心した状態で行いたい私の性格に合っているのは、やはり個別株投資なのかなと思います。ソーシャルレンディングと違って、細かい業績や財務諸表などは会社のIR情報ページで確認できるので。

また、ローリスクという意味で先進国債券の比率が少し高めのインデックスファンドもちまちま積み立て買い付けを続けていきたいです。マイナス金利が世界中で進んだらまずいですけど・・・。

 

maneoはお休み・・・と言っていますが、この1件を通じて色々勉強になることが多かったです。

もし他社ソーシャルレンディングサイトでより良さそうなサービス・システムを見つけたら、いつかそちらを試すかもしれません。再度ソーシャルレンディングにチャレンジするなら、借り手の詳細な情報が公開されているサイトで行いたいと思います。

ABOUT ME
ヒイラギ
アラサー在宅勤務6年目・2児の子育て主婦です。 【在宅ワーク・副業・フリーランス】×【Webデザイン学習】×【英会話】等を軸に書いてます。元銀行員で元英語講師。本業は宿泊施設の運営会社で予約管理やWebマーケティングなどの仕事をしています。
管理人おすすめの在宅ワークが見つかるサイト

【クラウドワークス】

登録者数は300万人以上と、日本最大級の在宅ワーク検索サイトです。

初心者・未経験者でも始めやすいライティング、メールサポート、タスク案件が多数!

私が在宅ワークを始めたきっかけとなったサイトです。登録は無料なので副業を始めてみたい人は是非会員になってみてください。