妊娠・子育て

育児休業給付金、給料の67%の支給はいつまで?

本記事で記載しているのは2020年12月現在の情報です。今後法改正等により育児休業のルールが変更になる可能性もありますので、最新の内容は自分で管轄のハローワークに確認するようにしてください。

 

こんにちは。現在育休取得中のヒイラギと申します。

子育ての合間に副業でブログや在宅ワークをやったり、英会話やWebデザインの学習をしたりと、忙しくも充実した日々を送れています!

 

ところでいきなりですが、

育児休業給付金って仕組みや条件が複雑でわかりづらいですよね。

 

給付額が減るタイミングで復帰を考えるママにとって、制度の理解は必須です。

 

育休の給付金の支給金額は2020年12月現在、育児休業開始から180日に達するまでは休業前給与の67%、それ以降は50%となっています。

 

育児休業給付金の「67%の支給」っていつまで?

ところで、ここでクイズです。

「休業前給与の67%の支給」は具体的にいつまでか知っていますか?

 

次の1~3に答えがあります。

  1. 産休を開始してから180日
  2. 出産日から180日
  3. 産休が終了してから(産後8週間経過後)から180日

 

私も結構気になっていて、よくわからないまま育休に入ってしまったのですが・・・

 

答えはずばり、3の産休が終了してから(産後8週間経過後)から180日です!

 

 

ちょっとわかりづらいですが・・・この画像は支給対象者に渡される給付内容の通知書です。

 

私は2019年5月14日に出産したのですが、通知書の日付は下記のようになっています。

 

①出産日:2019年5月14日

②育児休業の開始日:2019年7月10日

③今回分の支給終了日:2020年1月9日

④支給割合:67%

 

上記の通り、出産日から180日でなく、産休が終わり育児休業を開始してから半年後まで67%がきっちり支給されています。

 

最初に答えは書いてしまいましたが、厚労省サイトにも67%の支給は「育児休業開始から180日」と書かれており、文字通りだったわけです^^;

 

もし育児休業からいつ復帰するか迷っている方がいたら参考にしてみてくださいね。

 

67%の支給期間が終わってから復帰する、ということであれば出産後236までとなりますよ!

(産休は産後8週間=56日間なので、それに180日を加えると236日となります)

 

産休・育休中に在宅ワークを始めるなら、私も利用中の超有名サイト
登録無料の「クラウドワークス」がおすすめ。

記事執筆やタスク作業などの仕事を探せます。

妊娠中・子育て中でも自分のペースで在宅ワーク可能!

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

副業ブログアフィリエイトでお小遣いを稼ぐならA8.netもアリ!

まだブログがなくても、A8.netの無料ブログサービスを利用可能。

こちらも副業ブログを行うママはかなりの割合で登録中です。

A8.net無料会員募集!

おまけ:育児休業中もケースによっては仕事・副業・在宅ワークができる!

ここからはオマケ情報ですが、育児休業中も場合によっては仕事をすることが可能です。

育休中に勤めている会社から仕事を手伝ってほしいと言われた場合

育休中って、いくら給付金が出るとは言え給与の満額ではないので、生活にまわせるお金が少なくなることには変わりないですよね。

 

巷では「半育休」とも呼ばれているのですが、育児休業中に会社から「ちょっと仕事を手伝ってほしい・・・」と言われた場合には、給付金を合わせて休業前の給与の80%を超えなければ仕事をすることも可能です。

 

つまり67%の支給割合の期間中であれば、残り13%分だけなら追加でお金を稼いでも良いことになっています。

ただし就業は基本的に1支給単位で10日以下にしなければならず、もし10日を超える場合、就業時間が80時間を超えないことが条件です。
1支給単位とは約1か月間で、給付内容の通知書に書かれています。

 

また、80%を超えて働いてしまうと、超えた分は育児休業給付金が減額されてしまうので注意しましょう!

副業OKの会社の場合

会社が副業OKであることが前提ですが、育休取得中に勤務先とは別のところでお金を稼ぐこと自体は問題ありません。

※月10日以内の労働の場合

 

たとえば、パソコンでの在宅ワークや短期のアルバイト等が該当します。

私も子育てしながらやっているのですが、自宅からパソコンでできる仕事をやるのがおすすめですよ。

 

赤ちゃんが生後間もない頃は厳しいかもしれませんが、赤ちゃんの生活リズムがついてくれば子育てと両立しながら仕事をすることも可能です。

 

育休(+産休)で約67%の手当が支給される期間は、上でも述べた通り出産後236日間です。

 

もしこの期間フルで育休を取得するとしたら、結構な時間だと思いませんか?

 

せっかくの育休期間中ですから、

 

  • 副業ブログ
  • 在宅ワーク
  • 英会話学習
  • プログラミングやWebデザインの学習

 

など、新しいことに挑戦してみるのを個人的におすすめします♪

SNSなんかを見ていると、育休中に上記のことを始めるママも多いようです。

 

他にも在宅ワークや育休中に学んでいること等について記事にしていますので、よかったら見ていってください!

 

\副業ブログを始めるママは登録必須!/

A8.net無料会員募集!

厚生労働省 「11 育児休業給付について
東京ハローワーク 「育児休業給付に関するQ&A

ABOUT ME
ヒイラギ
アラサー在宅勤務6年目・2児の子育て主婦です。 【在宅ワーク・副業】×【Webデザイン・プログラミング学習】×【英会話】等を軸に書いてます。元銀行員。 TOEICスコア910
管理人おすすめの在宅ワークが見つかるサイト

【クラウドワークス】

登録者数は300万人以上と、日本最大級の在宅ワーク検索サイトです。

初心者・未経験者でも始めやすいライティング、メールサポート、タスク案件が多数!

私が在宅ワークを始めたきっかけとなったサイトです。登録は無料なので副業を始めてみたい人は是非会員になってみてください。